岩手北上市・日々の稽古(鍛錬)を通じて心と身体の向上を目指すなら、空手道牙城會館へ。

伝言板

試合結果(牙城會館からのお知らせ・過去ログ3)

第23回全日本空手道選手権大会出場結果

日 時 平成18年9月23日(
会 場 東京スポーツ文化館
主 催 国際総合空手道連盟

この程、開催された、第23回全日本空手道選手権大会に、牙城會館としては、初の参加となる遠征試合に出向き、総本部から出場した、小成 貴晶君が、小学3年男子の部に出場し、激戦の6試合を戦い、見事に準優勝の快挙を成し遂げました。
本大会には、日本全国、又、海外から総勢655名の選手が出場し、牙城會館からは、小成君が組手部門、一般型の部には、矢巾支部所属の中島 勉さん、花巻支部所属の佐々木 真人さんが出場し、両名が3位入賞と、3人揃っての入賞に久々の興奮を隠しえない気持ちになりました。
又、大会特別審判として、館長が、決勝戦での試合前にK1リングアナウンサーの、ホ゛ンバー森尾さんの紹介コールを受け、主審の大役を果されました。
更に大会特別ゲストとして、K1リングで大活躍をしている、山本キッド選手とも本部席で写真を撮られておりました。
入賞されました、3名の選手の方々、本当におめでとうございました。
来年は、更なる健闘を目指し、スタッフ共々頑張って行きたいと思います。

小成 貴晶 小学3年の部 準優勝
中島  勉   一般自由型  第3位
佐々木 真人 一般自由型  第3位

第2回全東北空手道オープントーナメント選手権大会出場結果

日 時 平成18年7月30日()
会 場 宮城県武道館
主 催 国際空手道連盟 極真会館(手塚グループ)

過日、開催された、全東北空手道選手権大会に牙城會館から5名の選手が出場し、日頃の鍛錬の成果を競い合い、充実した1日でした。 小学3年の部では、昨年度、優勝の小成 貴晶君(総本部)が、連続優勝、小学4年の部では、昨年度優勝の菊池 克也君(真城支部)が2回戦で、ジュニア強豪、士衛塾石川支部の寺崎 昇龍選手に惜しくも破れ、決勝戦で昨年度、準優勝の南 祐馬君(金ヶ崎支部)が寺崎選手に判定で破れ惜しくも準優勝となりましたが、全国の大会で数々の優勝をしている、強豪戦手と試合が出来た事は、とても良い経験であり、今後の稽古の励みになってくれれば幸いです。 一般男子新人戦では、姜 春飛君(総本部)が、初戦敗退でしたが、身長差10Cm、体重差30Kgの選手と対戦し、特別表彰3位を頂く事が出来ました。 出場されました、選手の皆さん、引率されました、指導員、又、御父兄の方々には、大変ご苦労様でした。

小学3年の部 優 勝 小成 貴晶(総本部)
小学4年の部 準優勝 南 祐馬(金ヶ崎支部)
一般初級の部 3 位 姜 春飛(総本部)
▲ ページの先頭に戻る